配達レポートその37☆流泉&ヤマモミジ&ハナミズキなど…

Posted on

こんにちは、平野園(嫁)です。

今日のご紹介は、モミジ『流泉(リュウセン)』、ヤマモミジ、ハナミズキ、南天、コバノズイナです(#^.^#)

流泉は枝垂れモミジよりも枝垂れ性が強く、枝は真下に伸びます。
通常のモミジですと枝は上にも横にもどんどん伸びて、剪定しないと大きくなってしまいます。
流泉は枝を矯正して上に向けない限りほとんど背が高くならないので、「剪定したいけど、あまり大きくなってしまうと上の方が届かなくなってしまうから…」と心配されているお客様にもオススメです(^^♪

こちらはヤマモミジです。
流泉とは異なり、山などでよく見かける立ち性のモミジです。
写真の角度からは分かりづらいですが、元の幹がまっすぐで、高さ50cmほどの所から斜め横に曲がっている樹形です。
まっすぐで素直な木も良いですが、曲がりがある木もその特徴を生かして植えることで、風情も出ます\(^o^)/

足元には、配達前にお買い上げいただいていたミニサイズの流泉と、コバノズイナを植えました。
通常キレイに紅葉するには寒暖差が必要ですが、コバノズイナは暖かい場所でも綺麗に紅葉してくれます。
大きくならず主張もしすぎないので、大きな木の足元に添えて植えるのにも最適です(#^^#)

その他にも写真がありませんが、南天と、同じ売場の祐樹造園さんのハナミズキを配達させていただきました(^^♪
この度はありがとうございました!


配達レポートその21☆もみじ『流泉』

Posted on

こんにちは、平野園(嫁)です。

今日のご紹介は、枝垂れモミジ『流泉(リュウセン)』です(#^.^#)
流泉は通常の枝垂れれもみじよりも枝垂れ性の強いもみじです♪

今回お届けした流泉は、元から幹が分かれている珍しい株立ちタイプです(#^.^#)

DSCN6299[1]

通常の枝垂れもみじは、『枝垂れ』と言っても下に伸びるのではなく、真横に枝を伸ばしていくようなイメージですが、こちらの『流泉』は、真下に伸びていきます。下に垂れる枝が風情あります\(^o^)/
和風な住宅によく合いますが、綺麗な新緑はアーバンでシンプルな雰囲気の住宅にもよく似合います。

補正しない限り木の大きさも高くなりにくいですし、通常のもみじよりも広がりにくいので、大きさは維持しやすいかもしれません。
葉が多く茂ってきたら、幹が見える位に枝を間引くといい雰囲気になります(^_-)-☆
お買い上げありがとうございました!