本文へスキップ

庭木、果樹苗、植栽工事のことなら千葉県匝瑳市の植木屋平野園

植木選びでお困りの初心者の方から熱心な植木ファンの方まで気軽に相談できる植木屋です。植木選び、お庭の植栽工事等、お気軽にご相談ください。
庭木・果樹苗販売植栽・造園工事承ります千葉県北部〜茨城県南部配達・植え込みOK!※

※別途料金が必要です。

トップページ>木の植え方

基本的な木の植え方

植木を買ってきてお庭に植える際、穴を掘って、木を穴に入れて、土を被せる、で終わりの方もいると思います。ですが、このままだと根鉢の周りにわずかな隙間が出来て十分に土が行きわたらず、風に吹かれて木が動いたり、根が張りにくいなど、生育に影響を及ぼします。
ここでは、木の植え方や、木を植える際に行う『水極め』の方法をご紹介します。


木を植えているポットや麻布について

ビニール製のポット

樹脂製のポット

樹脂製のポットです。そのまま土ごと取り出して、お庭や別の鉢などに植え替えてください。
底の水抜き穴から根が出ている場合は、出ている部分を剪定ハサミなどでカットしてから引き抜くと取り出しやすくなります。

※写真のものと形状や色が異なる場合があります。

不織布の地中ポット

不織布の地中ポット

不織布の地中ポットです。ハサミなどで3〜4カ所縦方向に切れ目を入れ、不織布を剥がしてください。その後お庭や鉢などに植え替えてください。
根が不織布に絡んで取れない場合は、側面の不織布を剥がし底面の部分を残して切り取るか、地面に植えた時に地面から出る部分を切り取るなど、無理に全て取らなくても構いません。

※写真のものと色が異なる場合があります。

根巻(麻布と麻紐)

根巻(麻布と麻紐)

麻布と麻紐で根巻したものです。麻布と麻紐は土に還りますので、基本的に取らずにこのままお庭や鉢などに植えられます。布を外した場合、土が崩れて水を吸い上げる細い根が千切れてしまう場合があります。なるべく外さない方が良いでしょう。

ただし、根が細い樹種は、布の外まで根が伸びにくく成長に悪影響を及ぼすので、布を取って根鉢の周りの土を2cmほど落として根を出してから植えてください。根巻部分がカチカチに硬くなっている木にも土を落とすと効果的です。
麻布を外す場合は、穴の中に入れてから外した方が、根巻の土が崩れた時にダメージが少なくて済みます。また布を完全に取り外さずに、穴の底に押し込んでしまっても構いません。

※当園で主に取り扱っている木で、根巻の布を取った方がいいとされる木、もしくは経験上取り外した方がいい木です。下記以外でも細い根が出る木は、布を取った方がよいでしょう。

  • ツツジ類
  • ハイノキ
  • ソヨゴ
  • アオハダ
  • ブルーベリー
  • ナツハゼ
  • カルミア
  • シャクナゲ
  • クロガネモチ(大型の物)
  • マキ(大型の物)
根巻(麻布とPPコード)

根巻(麻布とPPコード)

麻布とビニール紐で根巻したものです。麻布は腐りますがビニール紐は残ってしまうので、ハサミで紐を切って取り除いてください。根巻した鉢の下に潜り込んでしまって取れない場合は、無理に取らなくても問題ありません。

掘り上げたままの状態のもの

掘り上げたままの状態のもの

掘り上げたままでも根が崩れず、土が見える状態の根鉢です。そのまま植えることができます。根が張りやすく、理想的な状態です。



木を植える高さ

木を植える高さ例
  1. 造形樹などは地面より高く植えると、木が大きく立派に見えます。水が流れやすいので、植えてしばらくは水鉢を作り水やりを確実に行ってください。(水鉢については、次項の『水極めの方法』をご参照ください。)
  2. 根鉢の上面または根の一番上の部分が、少し見える位に植えます。造形樹以外はAとBの中間を意識すると理想の植え方になります。
  3. 根鉢の上面が地面よりも低く植える(深植え)のは、根が呼吸出来ない、地表からの水を吸収しにくくなる、埋めた地表付近の幹から根が出る(2段根)などの理由により、生育に悪影響を及ぼします。他の場所で余った土を上にかぶせたり、大量の堆肥を載せたり、根の上に新規で芝生を貼るのも深植えと同じですので注意しましょう。


水極め(みずぎめ)の方法

1.
根鉢よりも一回り大きく穴を掘ります。マキ(造形)を例にしてご説明します。
まず、根鉢よりも一回り大きな穴を掘ります。穴の底は平らにしておきます。
※植える場所の土が悪い場合は、掘り上げた土に市販の培養土やバーク堆肥を多めに混ぜ込みます。この時、肥料は入れないようにします。
アルカリ土壌を好む木(オリーブ等)には有機石灰も混ぜます。
水はけが悪い場合は鹿沼土やパーライトも混ぜます。
2.
掘った穴に木を入れます。掘った穴に木を入れます。この時点で木の向きと傾きを決めます。

向きは、木が一番良く見える面を、良く見る場所の方に向けます。(玄関、リビング、門、道など、お客様それぞれです。)

傾きは、木が小さい場合は後で調整出来ますが、木が大きい場合は木を押しながら根鉢の下に土を入れて、傾きを決めます。
3.
穴と根鉢の間に、土を入れます。穴と根鉢の間に、土を入れます。
4.
周りが少し高くなるように土を盛って、土手を作ります。この時、周りが少し高くなるように土を盛って、土手を作ります。水鉢と呼ばれています。小さい木などは水鉢を作りにくいので、平野園では無理に作らない場合もあります。
5.
水を入れていきます。水を入れていきます。
この時、水鉢を壊さないように気をつけてください。
6.
根鉢の周りの土が陥没することがありますが、気にせずにどんどん水を入れます。水を注いでいる途中、根鉢の周りの土が陥没することがあります。これは、水と一緒に土が根鉢の底に流れているからです。この調子で土を水で流し込みます。
7.
さらに水を入れていきます。さらに水を入れていきます。
8.
水鉢の内側を少しずつ水で崩しながら水を入れていきます。どんどん水を入れていきます。水鉢の内側を少しずつ水で崩しながら入れていくといいでしょう。
ただし、水鉢が決壊しないように気をつけてください。もし決壊した場合は、水を入れるのを一旦中止し、決壊した箇所に土を盛って、再度水鉢を作ります。
9.
スコップや棒などを刺して、完全に泥水が行きわたるようにしていきます。水がある程度溜まってきたら、スコップや棒などを刺して、完全に泥水が行きわたるようにしていきます。
10.
水鉢の中に水が溜まってきたら、水を入れるの止めます。水が根鉢の底まで流れなくなり、水鉢の中に水が溜まってきたら、水を入れるの止めます。この時小型・中型の木は傾きも決めます。
11.
スコップなどで、水鉢の外側の土を入れていきます。スコップなどで、水鉢の外側の土を入れていきます。
中の水が染み込んでからでもいいですし、写真のように水の上からどんどん土を入れていっても構いません。
12.
土を入れ終わった状態です。土を入れ終わった状態です。
13.
スコップなどで表面をならすと綺麗な仕上がりになります。この後、スコップなどで表面をならすと綺麗な仕上がりになります。この時、水鉢の形を維持したままならします。
14.
完成です。完成です。
水やりは、水鉢の中に水が溜まるように与えると良いでしょう。
水鉢は雨風にさらされて徐々に崩れてきますが問題ありません。ただし、木を植えた直後の夏は、水鉢が崩れていたら作り直して、その中に水を与えてください。
15.
全体像です。全体像です。
参考にしたマキは造形樹ですので高めに植えましたが、造形樹以外は必ずしも高めに植える必要はありません。地面と高さを揃えたほうが感じが良い場合もあります。
初めての方には難しく見えるかもしれませんが、多少雑に植えてしまっても、その後の水やりをしっかりやれば案外大丈夫ですので、運べる植木は自分たちで植えてみるのもいいかもしれませんね(^_^)v